求人案内を活用しよう!

不景気で求人が1人に対して、時には数百人の募集がある企業も出てきてい昨今ですが、必ず就職を内定している人もいてるのです。そのコツと考え方を変えて就職にやくだてましょう。

マイナスになる発言

求人を絞り込み、いろいろと応募して、書類審査は通るのに、面接で不採用になってしまうという人も多いと思います。

緊張して、面接官の言葉を聞き逃してしまうことも多いのではないでしょうか。
当たり前ですよね、自分のこれから先の将来や生活に影響してくるかもしれない企業への就職がかかってくる面接なのですから。

余裕でスラスラと答えることができない人方が多いのです。

ですが、その面接でわからないことや、聞き逃したことを何となく誤魔化してしまう。

そういった事をしていないでしょうか。

分からないことや知らない事、聞き逃したなど、なかなか言い難いことです。

しかし、そう言ったことをしっかりと相手に伝え、自分の不甲斐ない部分はしっかりと反省をするという態度が大切なのです。

こういった態度と対応の仕方を見て、面接の方は、今後の仕事に置き換えて、わからない事や失敗を、次のチャンスに繋げることができるかどうかを判断するのではないでしょうか。

知ったかぶりで曖昧に答えてしまう。
こういったことが何よりもマイナスになるのではないかと思います。